HTK 本多通信工業

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

Home > 採用情報 > 本多通信工業はこんな会社

本多通信工業はこんな会社

私たちはこんな事業をしています。

特徴ある中堅コネクタ・メーカ ~本多通信工業~

本多通信工業は1932年に創業した中堅・上場のコネクタ・メーカです。 コネクタとは、電気や光の回路をつなぐための電子部品。 中堅ながら複数のトップシェア商品を持つ一方で、中堅らしい面白さがある会社です。 80年の歴史で培った技術をベースに自動運転へ夢が拡がる自動車分野で成長中。

もっと知りたい方はこちら(PDF:1.81MB)

中堅企業の面白さ(PDF:352KB)

社長による会社概要(動画)

沿革

当社紹介動画 SBC信越放送動画「YES!ものづくり」

当社の魅力はここ

“Segments No.1”…複数のニッチ分野で一等賞

当社の基本方針は“Segments(セグメンツ) No.1”。
“早い・軽い・上手い”の業界No.1フットワークで、
「この分野ならHTKに限る」と言っていただけるような、
特徴あるコネクタの創出に取り組んでいます。
また、トップシェア商品を複数持つことにより、
技術や社会の変化に強い体質を志向しています。

中堅企業の面白さ満載

上場企業ですが、コネクタ分野の国内従業員が300人の中堅企業です。
中堅企業ですので、
①任される仕事の範囲は広い
②役員も身近で、ビジネスのノウハウをいつでも学べる
などメリット多数。つまり、シゴト力が一気にアップする楽しさ、面白さが体感できる会社です。
また、フラットな組織で、かつ家族的な会社です。
ドライな社会人生活を送りたい方には向いていません。

新しい分野へ…自動車分野で躍進中

スパコン“京”にも採用された80年の歴史で培った技術をベースに、“自動運転”に向けて進化する自動車分野に参入し、 車載カメラ用コネクタでは、Globalトップクラスのシェアを獲得しています。
2020年に倍増の100億円ビジネスへの拡大を狙って躍進中です。
さらに、8K放送の実用化をサポートする、光ファイバー用コネクタの開発も進めています。
これからも新しい技術や分野の開拓を進めます。

PAGE TOP