HTK 本多通信工業

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

Home > 採用情報 > 本多通信工業はこんな会社

本多通信工業はこんな会社

私たちはこんな事業をしています。

多くのニッチNo.1を持つ中堅コネクタメーカ

固定電話などの通信インフラ向けで生まれたコネクタ専業メーカです。
80年の歴史で培った技術をベースに工業用ロボットや自動車分野に展開し、2016年3月には東証一部に上場しました。
ニッチな分野でトップシェア商品を多数持つ一方で、中堅企業ならではの幅広い業務経験を通じて、早い自己成長を実感できる、面白みのある会社です。

もっと知りたい方はこちら(PDF:1.34MB)

中堅企業の面白さ(PDF:352KB)

社長による会社概要(動画)

沿革

当社紹介動画 SBC信越放送動画「YES!ものづくり」

当社の魅力はここ!!

“Segments No.1”…複数のニッチ分野で一等賞

当社の基本方針は“Segments(セグメンツ) No.1”。
“早い・軽い・上手い”の業界No.1フットワークで、
「この分野ならHTKに限る」と言っていただけるような、
特徴あるコネクタの創出に取り組んでいます。
また、トップシェア商品を複数持つことにより、
技術や社会の変化に強い体質を志向しています。

東京と長野から特徴ある商品を創出

事業の源泉は顧客ニーズ。顧客の思いを図面にし、製品にし、そして必要な時に必要なだけお届けするためのバックボーンが、大崎本社(東京)と安曇野工場(長野)です。
両拠点の緊密なコラボレートが業界トップクラスの設計から試作・量産までのスピードを支えています。

強み技術で最先端分野へ

24時間×365日×10年間、ノントラブルが要求される通信インフラ向けコネクタで培った長期信頼性/堅牢性、つまり”丈夫で長持ち”が当社の強み。この強みを工場や自動車で使われるコネクタに展開しています。
最近では、自動運転に欠かせない車載カメラ向けのコネクタや、実用化が近づいてきた8K映像用のコネクタなどを研究開発しています。

“よい会社”をめざして日々進化

当社はお客様や社員など全てのステークホルダーから、より大きな信頼と期待を頂ける“よい会社”に向けて、日々進化しています。
働きやすさ/働きがいのある会社に向けて、長時間労働の撲滅はもちろんのこと、社員のライフステージや状況に合わせて柔軟に働くことができる人事制度の導入に取り組んでいます。

PAGE TOP